呼び出しベルを導入して得られる業務上のメリットとは

SITEMAP
呼び出しベルを導入して得られる業務上のメリットとは

病院でプライバシー保護になる呼び出しベルの導入

「2」と書かれた呼び出しブザー

病院を受診した際に、大きな声で呼ばれることが仕方ないのは理解していても名前を呼ばれるとプライバシーの観点から気になる時もありませんか。そのため、現在では病院でも呼び出しをする際に名前か番号かを選択できるようになっています。番号を選択した場合、プライバシー保護にはなりますがなかなか番号を呼ばれて瞬時に自分だと判断しづらいデメリットもあるでしょう。特に、高齢者は番号よりも名前の方が理解しやすい時もあるものです。

プライバシー保護をしながら呼び出しがきちんとできるツールとして、呼び出しベルの活用があります。患者に呼び出しベルを渡しておき、順番が来るとバイブレーションやブザーでお知らせするコールシステムです。これであれば、呼び出しベルを持っている人だけに確実に伝わりやすくなるので名前が周囲に分かるという心配も要りません。しかも、番号呼び出しでは混雑している待合室で気づきにくい高齢者もいるかもしれませんが、呼び出しベルなら手元に持っているため呼ばれたかどうか判断しやすくなっているのが特長です。

プライバシー保護をしながら確実に患者を呼び出してくれる呼び出しベルによって、患者の気がかりな面を払しょくしてくれるようになります。病院でも、プライバシーに関する意識が高くなっていることからこういったコールシステムに変えているところも増えてきているわけです。

Choices Contents

New Posts