呼び出しベルを導入して得られる業務上のメリットとは

SITEMAP
呼び出しベルを導入して得られる業務上のメリットとは

調剤薬局で呼び出しベルがあると便利で安心

無人のフードコート

コールシステムに呼び出しベルを使っているのは、飲食店やフードコートだけではありません。今では、調剤薬局でも呼び出しベルを活用しているところもだんだんと見られるようになりました。調剤薬局では、患者の処方箋に合わせて調剤をしてくれその後、薬の受け取りをするため待ち時間が長くかかることが多いものです。スムーズに行く場合だけではなく、調剤内容によっては薬の手配や一包化に時間がかかることもあります。

その間、待ち続けるのは結構待ち遠しいものではないでしょうか。しかも、病院ですでに何時間もかけて診察を終えているわけですから、調剤薬局でも待つとなると疲れもあるでしょう。そんな時に役立つのが呼び出しベルです。呼び出しベルを持っていれば、調剤薬局以外の最寄りにある場所や車内でも過ごせます。呼び出しベルがあることで、ブザーやバイブレーションにより、呼び出しをされていることが即座に分かります。

調剤薬局でも、広く呼び出しベルを導入し始めているところも増えてきています。そうなると、薬ができるまでの待ち時間もあまり苦にならないのではないでしょうか。体調不良で風邪やインフルエンザにかかってしまうリスクがある状態で調剤薬局で過ごすよりも、別の場所で呼び出しベルを持って過ごす方が体への負担も軽減できます。

このように、調剤薬局でも呼び出しベルを使うことで患者に安心してお薬を待てる環境を整備し始めて来ています。

Choices Contents

New Posts