呼び出しベルを導入して得られる業務上のメリットとは

SITEMAP
呼び出しベルを導入して得られる業務上のメリットとは

医療機関で患者に呼び出しベルを渡すメリット

呼び出しベルを押す手

呼び出しベルは、飲食店や工場、介護の分野で広く用いられています。コールシステムがあると呼び出しがスムーズになるため、医療機関でも活用されています。医療機関で呼び出しベルが活躍するのには、理由がいくつかあるのですがご存じですか。

患者が、医療機関の待合室で長い間、呼ばれるのを待つ場合にも呼び出しベルが合図をしてくれるので、病院内から離れていても安心です。車の中へ移動して待っていても、呼び出しベルがあるので、何度も待合室まで様子を見に行かなくても済みます。
また、体調が悪い時に混みあう待合室にいるのは苦痛ですが、車内でゆっくり待つこともできるのも便利です。小さなお子さんを連れている場合には、院内よりも院外や車内で過ごす方が怖がらないというメリットもあるでしょう。

医療機関によっては、名前で呼び出すところもありますが個人情報が知れ渡るのを気にする方も少なくありません。呼び出しベルを持っていれば、ブザーやバイブで教えてくれるため安心です。

医療機関で呼び出しベルを活用すれば、患者も安心感があり待ち時間を過ごすことができます。さらに、医療機関のスタッフも確実に患者の呼び出しが可能になるのも利便性があるでしょう。

このように、飲食店で使われるイメージの強い呼び出しベルですが、医療機関でも活用するとさまざまなメリットがあることが認められ始めています。

Choices Contents

New Posts