呼び出しベルを導入して得られる業務上のメリットとは

SITEMAP
呼び出しベルを導入して得られる業務上のメリットとは

工場や倉庫で便利に使える腕時計型の呼び出しベル

ビックリマークを手に乗せたビジネスマン

工場や倉庫は広いスペースの中でスタッフが仕事をしているため、作業効率を上げるのに活躍するのが呼び出しベルです。コールシステムが画期的なものとなっていますが、呼び出しベルというとカード型のタイプの方が一般的です。飲食店や医療機関ならカード型でそん色なく使えるのですが、工場や倉庫ではそうは行きません。物を運搬したり作業をしたりしているため、音にかき消される可能性もあります。また、呼び出しベルを作業着のポケットに入れていることでお知らせに気づかないことも考えられます。

その問題を解決するのが、腕時計型の呼び出しベルです。手元でしっかりと確認できるので、呼び出しが瞬時に分かります。何か機械を操作していても腕時計型の呼び出しベルなので、判断しやすいのも特長です。工場で機器を操作している際にも、腕時計のような呼び出しベルなら即座に腕を見て確認できるので、非常に効率よく作業できるようになります。

工場や倉庫では、大型のシステムや機器が作動しており危険と背中合わせの状態にある場合もありますが、腕時計型の呼び出しベルなら手元ですぐに受信できるため、作業の効率化だけではなく安全な作業の順守にも役立ちます。工場や倉庫のコールシステムを円滑にするには、少ない動作で察知できるより使い勝手の良いものを選ぶのがおすすめです。

呼び出しベルの購入前にはデモ機で確認しよう

業務用に呼び出しベルを購入したいと考える病院、飲食店などでは、購入前にデモ機を使ってみることをおすすめします。無線で使うものであり、呼び出しベルは数万円もするものであり、購入後に電波が届かなくて無駄な出費となってしまったとなる不安を抱えている方も少なくありません。本当に、使いたい現場で電波が届かなくては意味がありませんが、そのためにもデモ機を貸出してくれる販売店を探してみるのが賢明です。

実際に、呼び出しベルを使ってみないと音の大きさや呼び出しベルの形状や持ちやすさなども分からないかもしれません。デモ機であれば、予想していた使い勝手と変わりないかも直に判断できます。実物は、呼び出しベルの現物の大きさや音の大きさ、鳴り方にも影響されるので注意が必要です。

コールシステムの変更で、呼び出しベルの使い方に慣れるまで一苦労することもあるかもしれませんが、デモ機があれば直接、操作ができるので何より安心できます。送信者であるスタッフも、押した時の感触や使いやすさも反応を目の前で確かめられるので非常に役立つでしょう。何より呼び出しベルを使うスタッフやお客様、患者の立場で体験できます。

デモ機の貸出は、1週間無料でできるので使わない手はありません。お試しして納得の行く呼び出しベルを見つけてみませんか。

フードコートで呼び出しベルが効果的に使える

フードコートでの待ち時間は、トイレに行きたくてもまずは食事を受け取ってからと考える方が多いようです。フードコートでは、呼び出しベルがあるので即座に呼び出ししてくれるので非常に便利です。しかし、経営者側ではそれだけのコールシステムを導入する価値があるかどうか半信半疑になるでしょう。

フードコートで呼び出しベルを効果的に使えるのには、呼び出しベルの優れた特長があることから伝えて行きましょう。性能が安定している呼び出しベルのカバーできる範囲は、約800mもあります。これだけの距離をカバーできるので、お客様が少々店内で離れた位置に居ても呼び出しベルは正常に鳴ります。
また、呼び出しベルの機種にも寄りますが広く出回っているものは、受信機が20台と数が揃っているため安心感があります。フードコートでこれだけの呼び出しベルの受信機が使えるのであれば、まず支障がないと考えられるでしょう。

一方、フードコートのスタッフが呼び出しベルを押す際にも、表示が分かりやすいので素早くお客様を呼び出せます。温かい食事をすぐに提供できるという意味でも、呼び出しベルが活躍してくれます。

振動やLEDの点滅、サウンドと分かりやすくお知らせするので、呼び出しベルを渡されたお客様が素早く把握できるのも優れた特長です。フードコートで呼び出しベルを導入したい方は、まずは1週間のデモ機の無料貸し出しを活用してみませんか。

Choices Contents

New Posts